マララユスフザイ スピーチ 要約

パキスタンで昨年10月、女子が教育を受ける権利を訴えて武装勢力に頭を撃たれた 2014年にノーベル平和賞を受賞したパキスタン出身のマララ・ユスフザイによるスピーチです。 カナダの名誉国民となった彼女が、若干20歳にして自らの信念である「女子教育の重要性」を語ったスピーチに心打たれます。 ノーベル賞受賞式におけるマララさんのスピーチ全文(英語/日本語訳) パキスタン人のマララ・ユスフザイさん(17)が今朝未明ノルウェーの首都、オスロで行われたノーベル平和賞授賞式で. ´ç¿’に取り組んでみてください。 ※本書に収録されているマララ・ユスフザイさんの演説は2013年の国連での演説の抜粋です。 ・マララさんは勇気があるだけではない。 ・考え方がしっかりしているだけではない。 ・危険を顧みず、自分の置かれた環境を世界中に訴えている。 ・パキスタン人の自覚をもっている。 ・普通なら、「やめてほしい」と周囲に訴えるだけにとどまる。 ・しかし、そうではない。その考えが素晴らしい。 ・今自分にははっきり言って、何もできること … マララ・ユスフザイ 昨日12月10日のノーベル平和賞受賞スピーチ. マララ・ユスフザイ 2013年国連での子供の教育と人権のスピーチ マララ・ユスフザイは2014年ノーベル平和賞を受賞した少女である。受賞のときわずか17歳だった。 彼女の誕生日・7月21日は「マララ・デー」という「すべての女性、少年少女の権利のための日」とされている。 「世界一勇敢な少女」と呼ばれるパキスタンの16歳の少女、マララ・ユスフザイさん。去年10月武装集団に頭を銃撃されて大けがをしながらも、女性や子どもたちの教育を受ける権利を訴え続けている。今年7月の16歳の誕生日には国連に招かれ、教育の力を訴えるスピーチをして注目を浴びた。 い意思を物語る言葉を見ていきましょう。マララ・ユスフザイ(Malala Yousafzai)は、1997å¹´7月12日にパキスタンのカイバル・パクトゥ この単元では、ノーベル平和賞を最年少で受賞したマララ・ユスフザイさんの国連でのスピーチを題材とし て取り上げている。①マララさんのスピーチと銃撃事件について②2009年にbbc が報じたパキスタンの 受賞スピーチをしました。 」16歳少女マララ・ユスフザイの国連スピーチ 加藤 たけし 2013/12/31 / 2019/02/19 女性教育の権利を訴えて今年の ノーベル平和賞 最有力候補とまで言われた、パキスタン出身の16歳の少女 マララ・ユスフザイ さん。 マララ・ユスフザイさんが2013å¹´7月、ニューヨークの国連本部で行った演説の全文は下記の通り。 In the name of God, the most … ’に学校から帰る途中にタリバンというテロリストグループに頭や首を銃で撃たれました。銃で撃たれた理由は、マララさんが女の子の教育を広める活動をしてきたからでした。けれども、マララさんは負けません。手術を受けて元気になったマララさんは、現在、イギリスの学校に通い続けています。 すべでの子どもたちが教育を受ける権利を唱えるために立ち上がったパキスタンのマララ・ユスフザイさん(16才)の勇気をたたえて、国連は7月12日を「マララ・デー」と … い』といわれる国々は戦争を生み出す力がとてもあるのに、平和をもたらすにはとても非力なの? 【無料試し読みあり】「わたしはマララ」(マララ・ユスフザイ クリスティーナ・ラム 金原瑞人 西田佳子)のユーザーレビュー・感想ページです。ネタバレを含みますのでご注意ください。 マララ・ユスフザイは学業に励む共にマララ基金の活動に注力することを誓います。後半では、2014年に受賞したノーベル平和賞への思いと、今後の課題について語っています。 マララさんスピーチ すべての子供たちのために ガン大学の卒業式スピーチ Google創業者ラリー・ペイジのスピーチ. マララ・ユスフザイ ノーベル平和賞受賞スピーチ. 世界では女子というだけで教育を受けられない子どもたちがたくさんいることを知っていますか。 2014年に史上最年少でノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんは、現在も女子が教育を受ける権利を訴え続けています。 この記事では世界の女子教育… ンボルとなり、2014年に史上最年少でノーベル平和賞を受賞した彼女が、本書を通じて世界の少年少女に語りかけています。 ®åˆ¥ã™ã‚‹ã¨ã„う悪しき政策で、黒人は、居住区、電車やバス、トイレさえも劣悪な環境に置かれました。白人と黒人の結婚も禁止です。 反アパルトヘイト運動を始めたマンデラは、想像を絶する苦悩を味わいます。43歳で無実の罪で逮捕、それから27年もの間牢獄で暮らします。出所した時はすでに7… マララ・ユスフザイ,クリスティーナ・ラム『わたしはマララ: 教育のために立ち上がり、タリバンに撃たれた少女』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。 2015年7月にはシリア難民の少女を対象として、レバノン東部のベカー平原に学校を開設した。この学校の開校にあたってはマララ基金から資金が拠出されている[42]。, 2018年3月29日、銃撃後に初めてパキスタンに帰国した。銃撃後から約6年後の帰国となる。シャーヒド・ハーカーン・アッバースィー首相との会談後、時折涙で演説を中断しながら「私はそれほど若くはないが、多くのことを見聞きしてきた」「パキスタンの女性が両足で立って自立できる力が得られるよう、パキスタン人は手を取り合うようになる」と述べた。故郷のミンゴラの地元民は250km離れたイスラマバードからの帰路に触れ歓迎の意を表した[43]。, 2012年以降、スターバックスやウォルマート、マイクロソフトのPR活動を手掛けたことで知られるEdelman社が、スピーチ原稿の草案の作成に関わるなど、マララのPR活動や支援活動に積極的に関与している[45][46]。, 国際連合 / コフィー・アナン (2001)  - ジミー・カーター (2002)  - シーリーン・エバーディー (2003)  - ワンガリ・マータイ (2004)  - 国際原子力機関 / モハメド・エルバラダイ (2005)  - グラミン銀行 / ムハマド・ユヌス (2006)  - 気候変動に関する政府間パネル / アル・ゴア (2007)  - マルッティ・アハティサーリ (2008)  - バラク・オバマ (2009)  - 劉暁波 (2010)  - エレン・ジョンソン・サーリーフ / レイマ・ボウィ / タワックル・カルマン (2011)  - 欧州連合 (2012) - 化学兵器禁止機関 (2013) - カイラシュ・サティーアーティ / マララ・ユスフザイ (2014)  - チュニジア国民対話カルテット (2015)  - フアン・マヌエル・サントス (2016)  - 核兵器廃絶国際キャンペーン (2017)  - デニス・ムクウェゲ / ナーディーヤ・ムラード (2018)  - アビィ・アハメド (2019)  - 国際連合世界食糧計画 (2020), “Taliban Say They Shot Teenaged Pakistani Girl Who Exposed Their Cruelty”, http://www.npr.org/blogs/thetwo-way/2012/10/09/162573135/taliban-say-they-shot-14-year-old-pakistani-girl-who-exposed-their-cruelty, http://www.nytimes.com/video/2012/10/09/world/asia/100000001835296/class-dismissed.html, 平成26年10月10日 マララ・ユースフザイさん及びカイラシュ・サティヤルティさんのノーベル平和賞受賞についての安倍内閣総理大臣コメント, The Nobel Peace Prize 2014 - Press Release, http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/7834402.stm, “Pakistani girl, 13, praised for blog under Taliban”, http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-15879282, https://web.archive.org/web/20141028200320/http://jp.wsj.com:80/news/articles/SB11713596470002413933104580209192882632922, http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013101200099, http://mainichi.jp/select/news/20121011k0000m030036000c.html, http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE89903620121010, http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/asia/597864/, “「凶悪、ひきょう」 国連の潘事務総長、14歳少女銃撃を非難 - MSN産経ニュース”, https://archive.is/20130104001233/http://sankei.jp.msn.com/world/news/121011/erp12101108560001-n1.htm, “UN chief strongly condemns ‘heinous and cowardly’ attack on Pakistani schoolgirl”, http://www.un.org/apps/news/story.asp?NewsID=43255&Cr=pakistan&Cr1=, “Malala Yousafzai: Reward offered for arrest of attackers”, http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-19901277, Urgent Note from Tina Brown and Angelina Jolie, http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20121013-OYT1T00823.htm, http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2012101500543, http://mainichi.jp/select/news/20121021k0000e030116000c.html, http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2919000/10053530, “Girl shot by Taliban in stable condition after two operations to reconstruct skull and restore hearing”, http://www.nypost.com/p/news/international/hearing_shot_reconstruct_taliban_hmXZQyLBdo3PVCtzsLVM8O?utm_source=SFnewyorkpost&utm_medium=SFnewyorkpost, http://sankei.jp.msn.com/world/news/130110/asi13011011310000-n1.htm, http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052970203714004580150884096529138, http://mainichi.jp/feature/news/20141011k0000e030205000c.html, http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2014101102000136.html, http://www.yomiuri.co.jp/world/20141012-OYT1T50033.html, http://www.yomiuri.co.jp/world/20141011-OYT1T50063.html, https://archive.is/20141010200111/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141010/k10015317641000.html, http://www.sankei.com/politics/news/141010/plt1410100045-n1.html, http://www.asahi.com/articles/ASGBC2GDKGBCUHBI006.html, http://www.asahi.com/articles/ASGBB62KGGBBPTIL02Y.html, http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPKCN0I30RY20141014, UNESCO and Pakistan launch Malala Fund for Girls' Education, Malala returns to Pakistan for the first time since attack, “"Malala Inc: Global operation surrounds teenage activist"”, http://tribune.com.pk/story/616632/malala-inc-global-operation-surrounds-teenage-activist/, “"One year after being shot by the Taliban, Malala Yousafzai is a mighty machine".”, http://www.theglobeandmail.com/news/world/malala-yousafzai-a-strong-message-a-mighty-machine/article14762416/, ピックアップ@アジア 「パキスタン タリバンに立ち向かった少女」 ほっと@アジア 「ピックアップ@アジア」, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=マララ・ユスフザイ&oldid=79841912. マララ・ユスフザイ氏スピーチ 7月12日、マララさんは16才の誕生日をむかえました。この日、マララさんは国連でスピーチをしました。「銃を向けられた時、鉛筆と本の重要さに気がつかされました。テロリストが恐れているのは、鉛筆と本が私たちにもたらす力なのです」と、マララさんは話しました。そして、世界中の子どもたちにむかって、自身の権利を追い求めるよう呼びかけました。マララさんは言います、「誰も私たちを止めることはできないし、私たちが声を上げることで変革をもたらすことができるのです」。. 力な武器」 ログミーNews コミュニティをフォローすることで、 ログミーNews に関する新着記事が公開された際に、通知を受け取ることができます。 マララユスフザイのこの名言好きだわ 1人の子ども、1人の教師、1冊の本、1本のペン、それで世界は変えられます One child, one teacher, one book, and one pen can change the world — 稲瑠垣征 (@Ryu2Spy005) October 13, 2014 . マララ・ユスフザイさん(17):「1人の子ども、1人の教師、1冊の本、1本のペンで世界を変えることができる」 今年のノーベル平和賞には、パ. マララ・ユスフザイ(英語: Malala Yousafzai、パシュトー語: ملاله يوسفزۍ、Malālah Yūsafzay、1997年7月12日 - )は、パキスタン出身の女性。フェミニスト・人権運動家。ユースフザイ[5]やユサフザイとも表記される[4]。2014年ノーベル平和賞受賞[6][7]。, 1997年にパキスタン北部のカイバル・パクトゥンクワ州ミンゴラ(英語版)のスンニ派の家庭に生まれる。マララという名はパシュトゥーン人の英雄であるマイワンドのマラライ(英語版)にちなんで名付けられた[8]。父親のジアウディン・ユスフザイ(英語版)は地元で女子学校の経営をしており、娘のマララは彼の影響を受けて学校に通っていた。彼女は数学が苦手だったが、医者を目指していた。, 2007年に武装勢力パキスタン・ターリバーン運動 (TTP) が一家の住むスワート渓谷(英語版)(スワート県(英語版))の行政を掌握すると恐怖政治を開始し、特に女性に対しては教育を受ける権利を奪っただけでなく、教育を受けようとしたり推進しようとする者の命を優先的に狙うような状況になった。2009年、11歳の時にTTPの支配下にあったスワート渓谷で恐怖におびえながら生きる人々の惨状をBBC放送の依頼でBBCのウルドゥー語のブログにペンネームで投稿してターリバーンによる女子校の破壊活動を批判、女性への教育の必要性や平和を訴える活動を続け、英国メディアから注目された[9][10]。マララは、イスラーム世界における初の女性政府首脳である元パキスタン首相ベーナズィール・ブットーに刺激を受けたと語っている[11]。, 一方、アメリカのパキスタンに対する軍事干渉には批判的な見解を示し、2013年10月にアメリカのオバマ大統領と面会した際は、無人機を使ったアメリカのテロ掃討作戦をやめるよう求めた[12]。, 2009年、TTPがパキスタン軍の大規模な軍事作戦によってスワート渓谷から追放された後、パキスタン政府は彼女の本名を公表し、「勇気ある少女」として表彰した。その後、パキスタン政府主催の講演会にも出席し、女性の権利などについて語っていたが、これに激怒したTTPから命を狙われる存在となる。, 2012年10月9日、通っていた中学校から帰宅するためスクールバスに乗っていたところを複数の男が銃撃。頭部と首に計2発の銃弾を受け、一緒にいた2人の女子生徒と共に負傷した[13]。, この事件についてTTPが犯行を認める声明を出し、彼女が「親欧米派」であり、「若いが、パシュトゥーン族が住む地域で欧米の文化を推進していた」と批判[14]、彼女に対するさらなる犯行を予告した[15]。わずか15歳の少女に向けられたこの凶行に対し、パキスタン国内はもとより、潘基文・国際連合事務総長[16][17]やアメリカのヒラリー・クリントン国務長官など[18]世界各国からも非難の声が上がったが、TTPは「女が教育を受ける事は許し難い罪であり、死に値する」と正当性を主張して徹底抗戦の構えを示した。アンジェリーナ・ジョリーは事件を受け、パキスタン、アフガニスタンの少女のために5万ドル(約400万円)を寄付した。寄付金は、パキスタン、アフガニスタンにおける女性教育のために闘った女性、少女を表彰する賞の創設などに使われるという[19][20]。, 彼女は首都イスラマバード近郊のラーワルピンディーにある軍の病院で治療を受け、10月14日には試験的に短時間だけ人工呼吸器を外すことに成功した[22]。10月15日、さらなる治療と身の安全確保のため、イギリス・バーミンガムの病院へ移送された[22]。翌16日には筆談で「ここはどこの国?」と質問し、19日には病院職員に支えられながらではあるが、事件後初めて立ち上がった[23]。, 銃弾は頭部から入り、あごと首の間あたりで止まっていて、外科手術により摘出されたものの、頭部に感染症の兆候があったが[23]、奇跡的に回復し、2013年1月3日に約2カ月半ぶりに退院した。家族とともにイギリス国内の仮の住まいでリハビリをしながら通院を続け[24]、2月2日に再手術を受けた[25]。, 2013年1月9日、シモーヌ・ド・ボーヴォワール賞を受賞した[26]。同年7月12日、国際連合本部で演説し、銃弾では自身の行動は止められないとして教育の重要性を訴えた[4]。国連は、マララの誕生日である7月12日をマララ・デー(英語版)と名付けた[4]。また、同年10月10日にはサハロフ賞を受賞した[27]。, 2014年9月12日、パキスタン軍はマララ襲撃に参加したイスラーム過激派10人を逮捕したと発表した[28]。ただし、パキスタン・ターリバーン運動から分離した過激派ジャマトゥル・アハラールは、「あの襲撃には3人が関与し、うち1人は殉死し、2人は生きている」として軍の発表を否定している。また、パキスタン・ターリバーン運動の指導者マウラナ・ファズルッラーが襲撃を命じたとの説も否定している[29]。, 2014年、ノーベル平和賞受賞[6][7]。17歳でのノーベル賞受賞は史上最年少記録[30]。マララは受賞において「この賞は、ただ部屋にしまっておくためのメダルではない。終わりではなく、始まりに過ぎない」と表明した[31]。マララの母国パキスタンのナワーズ・シャリーフ首相は「マララさんの功績は比べるものがないほど偉大だ」と賞賛した。しかし、マララの出身地スワト地区では、イスラム過激派に対する恐怖から、表立って祝う動きは殆ど見られない[32]。パキスタンの有力紙は受賞決定を大いに歓迎し、マララを賞賛した[33]が、パキスタンの一部保守層には、マララがイスラームに敬意を払っていないとして、ノーベル賞受賞は「西洋の指示に従った結果」と皮肉る意見もある[34][33]。マララに対する批判者は、Twitterで「MalalaDrama(マララ茶番)」というハッシュタグを使っている[11]。, その他、インドのナレンドラ・モディ首相、欧州連合、国連の潘基文事務総長などが、マララの受賞を祝福した[35]。アメリカ合衆国のバラク・オバマ大統領は「人類の尊厳のために奮闘するすべての人たちの勝利だ」とし、日本の安倍晋三総理大臣は「女性が教育を受ける権利を訴え続けたことは、世界中の人々に勇気を与えた」と受賞を称えた[36][37]。在日パキスタン人など、日本国内のムスリム共同体も受賞を祝福した[38]。, また、米タイム誌が発表した「2014年最も影響力のある25人のティーン」の一人に選ばれた[39]。, 2017年4月10日、ニューヨークの国連本部において国連平和大使に任命された[40]。19歳での国連平和大使任命は史上最年少であった[40]。, 2013年12月、ユネスコとパキスタンは、就学機会を奪われた女性の教育を支援するマララ基金の設立を発表した[41]。

君に届け 相関 図, 天気の子 君の名は 投票, 東京大学 オープンキャンパス オンライン, 三重交通 定期 払い戻し コロナ, 全日本 プロレス 情報, ロフト 仙台 営業時間, イオン 京セラ ドーム前, イオン銀行 残高照会 Atm, マイケルコース 時計 べっ甲, あの人と結婚する 運命 ですか タロット, 家にある もの で簡単 フライパン クッキー,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です